日常生活に支障はないけれど、20代のころからずっと腰痛持ちでした。寝る前には「いたた・・・」と声をあげてしまうこともしばしば。また重い荷物を持った後には、思わず腰を叩くことが増えていましたが、「もう10代じゃないんだしね~」と軽く見ていました。それが過ちでした。
 ある日、畳んだ洗濯済みのタオルをしまおうとして、腰を落としながら作業中、ついくしゃみが出そうになりました。「マズイ、今くしゃみをしたら、せっかく綺麗に畳んだタオルの山が崩れる」と思い、我慢をしたのですが、思わず小さく「くしゅっ」とくしゃみがでました。その瞬間、腰から激痛が走り、脳天まで突き抜ける痛みに思わず転がってしまいました。
 這うように寝室へ移動。じっとしていても全く痛みが引きません。そう、ぎっくり腰になったのです。それから数日は地獄のようでした。会社にも行かれません。少し痛みが引いた頃に行った整形外科で「腰痛を放っておいたからですよ。毎日ストレッチをしたり、適度に動かして腰痛を解消しないと再発します」と太鼓判を押されてしまいました。私はデスクワーク。同じ姿勢で座りっぱなしです。酷い時には半日ずーっと同じ姿勢。これも腰痛の元、と言われました。用が無くとも1時間に1回はトイレに行くなど、身体を動かすように、と。
 それ以来、寝る前には必ずストレッチをする習慣をつけました。定期的に鍼にも通っています。もう二度とあんな地獄の痛みに襲われたくないからです。
 そしてくしゃみをするときには、必ず何か手近な大きなもの、机や椅子、タンス、外だったら電柱にでもつかまっています。そうするとくしゃみの振動を全て腰で受けずに、つかまったものに分散できるから、と整形外科で教えられたからです。運の悪いことに私は花粉症。花粉の時期に外を歩く時にはマスク必須ですが、それでもくしゃみがでそうになったら・・・。なりふり構わず電柱に抱き着いて「はっくしょーん」としています。
 今はそんなに深刻じゃないから、と腰痛を甘く見てはいけません。それが地獄の痛みに変身してあなたを襲う日が、突然来るのかもしれないのですから。